上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短大生活最後の授業の日でした。

記念すべき最後の授業はなんとなんと…!
Mr.もりとの授業!
そして30分の遅刻!

もうあたしだめだ。
このこを更生させてあげられる自身がない。
遅刻魔っていうよりもう遅刻の鬼。


小学校から始まり、中学・高校そして短大。
いったい何回授業を受けてきて、それはトータル何時間になるんだろう。
そしてサボったのは何時間だ…
父が払った授業料に換算すると、いくら無駄にしてしまったんだろう。
どこを振り返っても、勉強を後回しにしてて後悔の残る学生生活だ。

明日から始まるテストだって、いくら頑張ってももういい評価はもらえないだろうな。
それこそ100点とってもね。
授業に出席するのが、第一原則。
あたしがそれを守れてる授業はひとつもない。

調子が悪いのも確実にあった。それは仕方ない。
ただの体調不良じゃなく、メンタル面からくるものだから。
だけど少なからずそれに甘えていた自分もいる。いやかなりいる。
本当なら、はいつくばってでも出席しなければならなかったのに。
必死になるべき時は、今だったのに。
あたしはいつになったら必死に、本気になれるんだろう。
一生このままずるくぎりぎりに生きていくんだろうか。

それにしても明日から二週間テスト週間。
いきなり山場がやってくるしさあ。
おとといまで卒論と戦ってたんだから、何もしてないに決まってるじゃん←

あうあう…いきなり二教科だよ。
=今日二教科勉強しないとだよ。

おおたに先生とMr.もりとのテストか…
どっちも大変じゃないか。いや、テスト楽な教科なんてないか。

まだ楽しんで苦しめる教科だからいいか…
はい、今日もまた眠れません。

いい評価がもらえないのはわかりきってるけど、せめてこれ以上両親を裏切らないように、卒業しよう。
そのためには単位ひとつも落とせない。
頑張らなくちゃ。
これがホントのラストスパート。かもしれない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://xualiu.blog61.fc2.com/tb.php/65-df38f7fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。